CHANNEL G+パチパチストリート

5号機パチスロ攻略

 
新時代のパチスロ機、「5号機」についてその勝ち方を紹介します。
このページ独自のもの、というよりは、一般論です。
←戻る

5号機の特徴

大きな特徴をあげるとすると、この3つになります。

@ボーナスのストック禁止

後期の4号機の特徴だったボーナスのストックが禁止され、また過度なATも禁止とされました。
→大勝が見込めなくなった代わりに、
比較的低投資で遊べる割と設定どおりの出方になる(設定判別がしやすい)というメリットも存在。
 

Aボーナスと子役の重複が認められた

子役当選とボーナスの当選が同時にできるようになりました。
これは、「ストック機」時代の「子役解除」をゲーム性に継承しているといえます。

 

Bボーナスは規定枚数に達したところで終了

ボーナス中は一定枚数を超えるとボーナスが終了する方式に変更されました。
よって、
ボーナス中の技術介入度がアップしています。

結果的には、比較的万人に遊びやすいスロット台になったという印象です。が、その分ストック機ではなかった「いつでも期待が持てるゲーム性」など、ゲーム性には奥が深くなった感もあります。
 

@まずは台の特徴(設定判別要素)を覚えましょう。

スロットを打つ際は(最近はむしろパチンコのほうが重要になってきていますが)、その台の特徴を良く知ることからはじめます。
特に、
設定差が出やすい部分を押さえることに徹しましょう。

@子役出現率

特定の子役の出現率が高い・低いなどはほとんどの機種で特徴があります。これが、1000円あたりで回せるゲーム数で表せる場合もあります。たとえば、現役機種ではなくなりましたがシェイク2では50G/1K、新吉宗では45G/1K等という感じです。

A特定子役とのボーナス重複・単独ボーナス出現率

特定の子役とのボーナス出現率に設定差がある、または単独ボーナス(子役と重複しない)の出現率に大幅に設定差のある機種は大多数です。打つ機種によってどこに設定差が出ているかをよく観察しましょう。

BRTなどの連チャンの仕組み

一部の機種では、RTなど連チャン時に特定の打ち方が必要とされる場合があります。これを頭に入れましょう。いらない損をしなくて済みます。ちなみに管理人の場合、新装2日目のパワフルアドベンチャーで打ち方の分かっていないオバサンの台をハイエナして大勝利という経験もあり、導入当初は知っている、知らないの差が特に出やすい部分です。
 

A実は夕方からの勝負のほうがお得…!?

5号機は比較的設定どおりの出方をするのが特徴です。朝イチに何の情報もないまま台選びをするよりは、夕方から空いている台の中から高設定の条件を満たしている機種を探す、というやり方のほうが勝率が高くなります。但し、これは交換金率の店の話。6枚交換より悪い店ではあまり通用しません。
裏を返せば、「
高設定の要件を満たしていない台は手を出すな」という教訓にもなります。
※但し、台の人気が落ちてくると判別可能かどうか分かるほど稼動していないということにもなります。この打ち方で勝ちを狙いに行くなら、常に最新機種の情報に目を配る必要があります。
 
管理人の場合、@Aともに実践していますが、いろいろな台の特徴を覚えるのを面倒に思ってしまい、自分が注目した機種の旬が過ぎてしまうと負けの期間に突入するという悪い傾向があります。台の入れ替わりも昔に比べて早くなっています。「パチンコ・パチスロは情報戦」ということを理解し、実践しましょう。
←戻る
inserted by FC2 system