TOPゴリィとゆうが作詞してみた!>ゴリィ#001:未定(ウェブサイト20周年記念ソング)
ゴリィ作詞#001:ジェットコースター
 
原詞
※ゴリィは詩を作るのは小学生以来なので、はっきり言ってゆうのようにさらさら書くなんて無理です(笑)。そこで、フレーズを書き出してそれをもとに作曲用につなぎ合わせました。


雨の梅雨の空 傘を差して立ち尽くして

むしむしした雨の匂い 何もできないほど悲しくて

涙をこらえて うつむき歩きながら

何もかも嫌になり 傘を投げ出した


頭の中で聞こえる 新たな産声

何かが生まれる予感


(※1)
人生はジェットコースターさ

時には走り出したり 時には立ち止まったりして

それでも届けたいんだこの思い




晴れた夏の空 バスケユニで飛び出して

焼けたアスファルトの匂い 楽しいことが始まりそう

ワクワクを抑え 鼻歌を歌いながら

歩く真夏の坂道 汗さえ気持ちいい


頭の中で鳴り出した発車メロディー

何かが始まる予感


(※2)
人生はジェットコースターさ

時には笑いあったり 時には泣き出したりして

それでも届けたいんだ この思い


あの日笑いあった 仲間たち

その想い出を胸に今を生きてるよ


(※1)繰り返し

(※2)繰り返し

それでも届けたいんだ この思い
 
作曲用にアレンジ


雨の梅雨の空 傘を差して立ち尽くして

むしむしした雨の匂い 何もできないほど悲しくて

涙をこらえて うつむき歩きながら

何もかも嫌になり 傘を投げ出した


頭の中で聞こえる 新たな産声

何かが生まれる予感


(※1)
人生はジェットコースターさ

時には走り出したり 時には立ち止まったりして

それでも届けたいんだこの思い




晴れた夏の空 バスケユニで飛び出して

焼けたアスファルトの匂い 楽しいことが始まりそう

ワクワクを抑え 鼻歌を歌いながら

歩く真夏の坂道 汗さえ気持ちいい


頭の中で鳴り出した発車メロディー

何かが始まる予感


(※2)
人生はジェットコースターさ

時には笑いあったり 時には泣き出したりして

それでも届けたいんだ この思い


あの日笑いあった 仲間たち

その想い出を胸に今を生きてるよ


(※1)繰り返し

(※2)繰り返し

それでも届けたいんだ この思い
 
この詞をもとに完成した曲
(未作成)
 

Copyright:ゴリィ 1995- 当サイトの画像・音声・文章の無断転載を禁じます。
inserted by FC2 system