TOPゴリィとゆうが作詞してみた!>ゴリィ#002
ゴリィ作詞#002:Take it Easy(ウェブサイト20周年記念ソング)
 
原詞
最初は英語で歌詞を作りました(2004年)。作者の鬱体験がベースになっていて、日本語だとだいぶストレートだからです。しかし、12年経って英語で歌えなくなっていたので、日本語訳をベースに歌詞を変えました。

【歌詞】
I want to do nothing.
Whatever is done, it doesn't go well
I want to blame myself unconsciously.

I came very hard, but
I can't believe and trust with the neighborhood.
My heart is infected with dark blue.

If it is done very hard, it learns to fly in the sky someday.
but a tired bird can't fly in the sky as well.

Take it Easy, Take it Lazy,
Life is not so bad...
Take it Easy, Take it Lazy,
Tommorow is the other day!

There can't be perfection
Truth is not only one.
Because anyone is at a loss and has troubles and takes one step forward...

Take it Easy, Take it Lazy,
Life is not so bad...
Take it Easy, Take it Lazy,
Tommorow is the other day!

【日本語訳】
何もする気になれないし、何もする気にもなれない、
思わず「僕が悪いのかな?」って責めたくなるよ。

一生懸命やっているけど、周りの人と信頼しあえないような気がして、
僕の心はブルーな気分になってるよ。

そりゃ、一生懸命やっていればいつかは飛躍があるかもしれない、
でも、疲れている鳥は空を飛ぶことさえできないよね。。。

気楽にいこうよ ダラダラいこうよ。
人生そんな悪いもんじゃないし、
明日は明日の風が吹くのさ。

完璧なことなんてあり得ないよ。正しいことはいつもひとつとは限らない。
誰でも悩んで迷って一歩を踏み出しているんだから。。。

気楽にいこうよ ダラダラいこうよ。
人生そんな悪いもんじゃないし、
明日は明日の風が吹くのさ。
 
作曲用にアレンジ
最初は日本語訳をそのまんま詞にしたのですが、内容が暗いということで、明るく前向きに生きていこう、という方向で歌詞をだいぶいじりました。また、曲が3分もない短い曲だったため、赤字の部分を追加しています(追加していないバージョンはステージデビューの際に歌いました)。

何だかだるいな だけど
やらなきゃならないことだらけだよ
嫌々ながらもやってるよ

真面目にやってるつもり だけど
なかなかうまくいかなくてさ
多分 今のココロはブルーかな?

Perfectなんてない
正しい事は一つじゃないよ
誰でも迷って悩んで
前に踏み出してるから

Take it Easy Take it Lazy
人生そんな悪くないよ
Take it Easy Take it Lazy
明日は明日の風が吹く


いっぱいやってるつもり だから
少しずつだけど良くなってるよ
多分 今の心はいい感じ


いい日ばかりじゃない
楽しい日もくじける日もあるけど
それはそれとして
今日を生きていこう
前向きにね

Take it Easy Take it Lazy
人生そんな悪くないよ
Take it Easy Take it Lazy
明日は明日の風が吹く


周りは色々と
言うけどそれには振り回されずに
今の自分の気持ちに素直に
生きていけばいい

Take it Easy Take it Lazy
人生そんな悪くないよ
Take it Easy Take it Lazy
明日は明日の風が吹く


Take it Easy Take it Lazy
Life is not so Easy, but

Take it Easy Take it Lazy
Life is not so bad...
Take it Easy Take it Lazy
Tomorrow is a brand new day!
 
この詞をもとに完成した曲
(近日公開)
 

Copyright:ゴリィ 1995- 当サイトの画像・音声・文章の無断転載を禁じます。
inserted by FC2 system