Linimo(東部丘陵線)
「愛・地球博」の会場輸送手段として2005年に開業。日本初の浮上式リニアモーターカーの営業運転ということもアリ、万博期間中は乗車まで30分待ちなど、さながら「動くパビリオン」として活躍。万博終了後は長久手町民の足として徐々に客を増やしつつある。
←戻る
車両
【杁ヶ池公園より】
リニモの駅は全面ガラス張りなので撮影にはやや不向きです。
【八草にて】
折り返し車両のポイント通過。リニモの軌道は変わっているのでいつか動画を収めにいきたいです。
【アピタ長久手店より】
外から撮ってみました。携帯カメラの望遠が聞かないので、どのみち高架を走る車両の撮影は難しいです…。
【杁ヶ池公園駅入線】
既に終了している「チームマイナス6%」ラッピング車両。編成番号の「06」も「-6%」になっているあたり芸が細かいです。
前面展望
 
【藤が丘→杁ヶ池公園】
側面展望です。
【杁ヶ池公園→藤が丘】
こっちはちゃんと前面展望です。
 
inserted by FC2 system