TOP>闘病記
はじめて「双極性障害」と診断されたのが、忘れもしない2007年3月のこと。それ以前からどうもその気があったようですが、以後8年間(2015年現在)この病気と闘っています。

2014年の1年間の休職を経て、2015年3月に「職場復帰は困難」として退職。2015年8月現在、在宅社員として一応働いてはいますが、いつまで続くか分からない状態です。

精神障害者等級も2013年の「3級」から2015年に「2級へ」。ぼくの双極性障害は確実に悪化しています

「双極性障害」は完治する病気ではありません。なので闘病に終わりはありません。それでも、発病していなかった「あの頃」の自分を取り戻すための挑戦はエンドレスでも続けていきます。

ブログ中心のコーナーですが、トピックになる情報はこちらにも掲載していきます。
【プロローグ】再び襲ったうつ病…、あれ?
私が最初にうつ病と診断されたのが2004年の4月のことでした。以降、約1年かかってもとの自分に戻ったように思います。

2006年8月28日事件(救急車搬送)時に私は虚血性心不全と診断され、危うく命を落としかけました。このときは、最初「そのまま死んでも良かったかな」と正直思っていました。なので、実はこのときもうつ状態の中の出来事だったかもしれません。

 私は、この2度の出来事を通し、「自分の周りでは絶対にうつ病になる仲間は作らない」という決心をしました。しかしながら、その決心とは裏腹に退院後相次いで後輩を2人相次いでうつ病にしてしまいました。さまざまな原因は考えられましたが、事の発端はどう考えても私の入院でした。
 
1人は無事復帰しましたが、もうひとりは復帰することなく会社を去りました。送別会の際、「絶対に無理はしないでくださいね」と彼は僕を心配してくれました。時を同じくして、さまざまな事情があり、先日、再度「うつ病」と診断されてしまいました。
しかも、今回は単純(?)なうつ病ではなく、「
躁うつ病」(双極性障害)と診断されたのでした。

私はうつ病を繰り返し、周りも巻き込んでしまったどうしようもない人間だと今思っています。

ただ、敢えて、僕の状況を公にすることで、何人かの方がうつ病になる前に救われることを願い、このコーナーを立ち上げることにしました。
 
ブログで随時更新中!※2016年6月15日以前のからだの病気の記事は「こころの闘病記」にあります。
こころの闘病記 メンタルコンディション
カウンセリング日記 からだの闘病記
コンテンツ
鬱状態のときの自分の症状
 うつ状態のときに良く起こる症状を紹介します。
躁状態のときの自分の症状
 躁状態のときに良く起こる症状を紹介します。
買い物依存症
 ぼくがよくなる「買い物依存症」の解説です。
ギャンブル依存症
 ぼくがよくなる「ギャンブル依存症」の解説です。
躁鬱チャート
 双極性障害の状態を記録するツールを開発中です。
からだの病気
 ぼくがかかっている双極性障害以外の病気についての解説です。 
     

Copyright:ゴリィ 1995- 当サイトの画像・音声・文章の無断転載を禁じます。
 
 
 
inserted by FC2 system