TOP双極性障害闘病記>うつ状態のときになりやすい症状
うつ状態のときになりやすい症状
 
過去の経験から、僕がうつのときになりやすい症状を書いておきます。
一般的なサイトでは想像しづらい面があるかもしれませんので、できるだけ具体的に書くことを心がけます。
 
朝、金縛りにあう
これはうつの初期のころに出始めます。
朝起きたときに、全く体を動かすことができなくなるのです。これは「眠い」とか、そういうことではなく、文字通り「自分の意思とは無関係に体が動かなくなります」。僕はこれを「金縛り」と呼んでいます。
僕の場合、不眠症状が出る前にこの症状が出ることがあります。
【注意】この症状の場合、鬱病ではなく、脳の病気の可能性もあります。心療内科に行く前に脳神経外科を念のため受診したほうが良いものと思われます。
 
突然、体が動かせなくなる(立てない、等)
僕は身体症状としては@の次によく出る症状です。
突然倒れる、とかいうものではなく、いすに座っていて、そこから立ち上がろうとするときに、どうやって立ち上がっていいか考えてしまうのです。ひどい場合、20分くらい立ち上がれなくなります。
ただ、朝と違うのは手足が自由に動くのですが、手足や全身をうまく使って「立ち上がる」という動作をすることができなくなるのです。僕はよく、「あれ、こっからどうやって立ったらいい?」と周囲に聞いて、呆れ返らせています(笑)。
【注意】この症状の場合、鬱病ではなく、脳の病気の可能性もあります。心療内科に行く前に脳神経外科を念のため受診したほうが良いものと思われます。 
 
体をあちこちぶつける
僕はいわゆる肥満体なので、もともと車幅が広い(笑)のですが、普段では考えられないような壁や障害物に良くぶつかるようになります。
まあ、この程度は「疲労が溜まっている」範囲なのかもしれませんが(笑)。
 
何故か涙が…
悲しくないのに、涙がこみあげてくることがあります。
【注意】単なる「花粉症」などアレルギー性のものの原因があります。実際、僕も花粉症もちで、涙を目に溜めていると後輩に「今日は花粉ですか、あっちですか?」と聞かれます(爆)。 
 

Copyright:ゴリィ 1995- 当サイトの画像・音声・文章の無断転載を禁じます。
 
 
 
 
inserted by FC2 system